個人輸入を推進するへようこそ
本場の香港より御自宅に直送、代金は商品を確認してから7日以内に銀行振込、カードでもできます。

タバコリプレイサーなら商品到着後の後払いが可能です。品質とサービスに自信があるからできる信頼のかたちです。 商品を確認してからのお支払いは不安を取り除きます。


このサイトでは欧州などで人気のある電子タバコを安心してご利用いただくための注意事項や安く個人輸入をするための方法などを紹介してまいります。

従来のタバコにはニコチンやタール、一酸化炭素などを初めとしておよそ200種にも及ぶ有害化学物質が含まれておりそのなかでもベンゾピレンを初めとする60種類は癌の原因になるといわれております。 JTのホームページによればより少ないタールが喫煙のリスクを低減すると理解をしていると表現をしております。 (電子タバコはタールを一切含んでおりません。)

愛煙家にとってはタバコは健康に良くないとわかっていてもなかなか禁煙が実行できずときにはタバコをやめたくないとタバコの利点に固執したりするものです。  実際にはタバコの成分のひとつであるニコチンによる依存作用によるもので簡単に実行できるものではありません。 現在では薬物依存症の病気と考えられ2006年4月から健康保険制度の対象となっております。

電子タバコには依存作用のあるニコチンを除く有害物質を殆ど含んでおりませんので健康被害の多くを取り除くことが出来ます。 加えて、アルカリ性といわれる「副流煙」もありませんので周囲にタバコの被害を拡散することもありません。

タバコを吸いたいという欲求はニコチンの依存作用ですが、このニコチンの希釈液の含まれた専用のリキッド・カートリッジからアトマイザーといわれる装置を通して気化をし水蒸気とともに吸引をするものです。 この気化装置は電気的に行われて火を使用することはありません。 煙霧の中身は微細な霧上の水蒸気で、当人がニコチンを吸引する以外は周囲には無害です。

禁煙を実現する重要な前提は「禁煙をしたいという意志」がハッキリしていることですが、そういう挑戦者の方にはより少ないストレスで実現できる影の味方です。 電子タバコを使用すれば自動的にタバコをやめられるというものではありませんので誤解はないように。 ちなみに、禁煙外来などで禁煙治療に使用するニコチンパッチを使用して禁煙が実行できた人は統計では24%弱との資料もあります。
通院をして専門の医療機関から指南を受けても成功率はそれほど高くは無いこともまたこの疾患の深刻さを物語っております。

 問題は?                         

数年前までニコチンパッチは日本では販売行為が規制されており日本では個人輸入の形態で手にいれるか旅先でお土産として持ち込むのが一般的でした。 現在では国内で流通できるようになりましたので利用された方も多いでしょう。 残念ながら電子タバコはごく最近に開発された製品でニコチンがリキッド・カートリッジに含まれるものもあることから薬事法などで規制を受ける対象になっております。
このため、ニコチン無しのものは別として、国内で一般商品として流通させることは出来ません。 しかしニコチン無しの物は
効果があるかどうかは疑問とWHOは評価を致しております。

このサイトでは個人的に輸入をしてでも禁煙や節煙をしたい人、周囲に迷惑をかけたくないと感じている人、近くに禁煙外来のある病院もなく忙しくて時間もとれない人などのために合法的に早く、しかも安く調達するための案内をしてまいります。           

  安いのは何故か?

タバコリプレイサードットコムは個人輸入の代行業者でもドロップシッピング業者でもございません。 工場から直接配送された商品を責任を持って直接お客様に販売いたしておりますので間接経費を削減いたしております。通常は輸出商社の経費、輸入業者の経費、卸業者や仲卸業者の経費などが加算されますが、これらの経費を削減しております。
また、工場との連携により在庫切れが生じても1〜2週間で補填することが出来ます。これにより過剰在庫も抑えることが出来ております。 これらの合理的な形態が販売価格に反映されて業界で最も安い価格帯を提供できております。 購入された後の保守部品やアクセサリーなども廉価で販売を致しております。 業界では最安値と高品質の商品を提供をしている自信があります。

  肌で感じるサービスを提供しております。

インターネット販売や通信販売、Webショップなどで商品の購入をすることに不安を感じるひとはすくなくはありません。 クレジットカードなどの個人データーの漏えいたいする不安や、注文したつもりの商品が記録に残っていなかったり、配送を待っていてもいたずらに日数が経過したりすることも珍しくはありません。 問い合わせをするにも煩雑な段階を経てやっと本題に入れるような状況です。 これではPCに不慣れなかたや忙しい人には敬遠したくなるのもうなずけます。 加えてアメリカ起源といわれるドロップシッピング手法の営業も盛んで無責任な宣伝、販売が横行して社会問題にもなっております。 この無責任体質の販売方法が電子タバコの信用を貶める原因にもなっているように思われます。 
タバコリプレイサードットコムではお客様がご希望の商品を選定した後で「引き合いメール」をだせば丁寧に最もご希望に合う商品を選定して「御見積書」として提示を致します。 もちろん商品に関する質問や苦情などにも対応を致します。 他の安い商品との違いについても分る範囲で説明をすることもあります。 
中国製品の品質に対する日本人の印象が決して良い状況ではない現在、出来るだけの不安を払拭できるようにサービスを心がけております。

初めて「電子タバコ」を検討されるかたへ。

Web. Shopや検索サイトで「電子タバコ」を検索しますと大量の情報が出てまいります。 2003〜2004年頃に香港の漢方薬の商社が主体となり部品加工業者と共同のプロジェクトとして開発が開始されました。 基本特許、部品の特許も中国で申請され、部品業者は中国メーカーに広く販売することを前提として振興のメーカーへも惜しまず技術の伝承も進めてまいりました。 今、市場に類似品が氾濫し、メーカーも乱立しているのはそういう背景があります。 電子部品のチップはモトローラなどの半導体メーカーが製造しておりますが、ほとんどの部品は中国製です。 欧州、米国などのブランドも中国メーカーのOEM供給か主要部品の供給を受けております。
リキッドの類は中国有数の生薬の原料産地、雲南省で生産されここからメーカーや欧米の販売会社にOEMで供給されております。
一部のメーカーは個別の原料を調達し、ブレンドとボトリングの工程を独自で行っているところもあるようです。この為同じブランドのスーパーシガレットでもリキッドの成分が異なる商品が横行している現実があります。 従ってA社の販売するスーパーシガレットとS社のスーパーシガレットは異なると思った方が良いでしょう。 同じブランドでも10種10様なので異なるブランドとの比較はあまり意味を持ちません。 

 商品のなかには格安のものもありますが、品質の問題や構成内容を考えると本当に安いかどうかは疑問です。 類似品も多く、値段が高いから良い商品というのは市場の評価情報からはあまり関係なさそうです。 むしろ宣伝・営業経費がかさんで品質は後回しのものもあるように思います。 弊社の扱うスーパーシガレットは安定した品質を保っておりますが、これをベースにトー○○ースモーカーやEco、Mini, Simpleなども派生しております。 また、売り切りごめんのドロップシッピングの商品は敬遠した方が良いでしょう。 契約会社の資料をベースにありきたりの文言を加えて独自性を出そうとしているように見えますが、販売後の問い合わせすら対応できないのが実態で無責任の極みです。 見極める方法は様々なブランドを扱うShopは敬遠した方が無難です。 これだけで8割〜9割は除けると思います。
電子タバコの初心者にはスーパーシガレットを、上級者にはスーパーシガレットプロを推奨しますが、スーパーシガレットは製造型式は同じでも製造工場によって製品そのものが微妙に異なります。不可思議に感じるかもしれませんが、いくつもの工場がスーパーシガレットを生産しております。 このため日本の総代理店なども存在しません。 日本の総販売元などの向上もあり得ませんので注意しましょう。

ヘビースモーカーで無い人にはSuper Mini Ciraretteもお勧めです。この部類はまだ規格がバラバラで部品に互換性がありませんので寸法に注意する必要があります。例えば弊社のTK−108 Miniは長さ89mm,径8.5mm ですが某社のデ○モクは長さ89mm、径8.6mmです。わずか0.1mmですが結合させることは出来ませんしバッテリーとアトマイザーのネジ切りの方法も異なります。。 じつは同じ工場で生産されているのです。 


購入の際にはショップが何のブランドの専門なのかを判断することが重要です。 何でも販売できるところは商品に責任も持たない、あるいは他の会社に責任転嫁しているのが一般的ですから出来る限り避けた方が無難でしょう。

 Super Cigarette Private Club の会員なら、後払いで安心・便利です。
同業者を除く一般のお客様むけの愛好家Clubです。無料で登録が出来ます。 Club会員は商品の後払いシステムを利用出来ますので商品をお手元で確認した後でお支払いが出来ます。 会員用の特別割引もございます。また、 商品は原則として香港からの郵送料は弊社負担で直送致しますので、郵送料や代引き手数料などはかかりません。 ご負担戴くのは銀行の振り込み手数料のみとなります。

詳しい内容はSuper Cigarette Private Club専用ページでご案内を致しております。
 100万台出荷の根拠

中国で最初の製造メーカーは如煙(ルーイェン)を製造・販売している会社です。現在でも頻繁にテレビで宣伝しており利益の多くは中国国内市場からのものと推測されます。実は欧州で100万台以上を販売した会社はここではありません。 欧州の販売会社でオランダに本拠を置く某Super Smo○○がメインで欧州の電子タバコのブームの火付け役でもありました。 この会社に一定期間の独占供給契約をしてOEM供給をしてきた会社がSuper Cigaretteなのです。 独占供給の契約期間満了後同じBrandは使用できないため、似たような雰囲気を出すための工夫としてSuper Cigaretteが産まれました。 月産4万〜5万の出荷で今ではOEM品累計で150万台は超えているでしょう。 なごりとしてパッケージデザインの煙のマークが双方に使用されています。 「100万台出荷」が本来であれば100万台以上を出荷しているSuper Cigaretteのメーカーか某Super Smo○○の販売会社が謳える文言ですが、今では誰でも勝手に宣伝に利用しているようです。 100万台の根拠に騙されないように致しましょう。
「禁煙促進プログラム」のページを追加いたしました。
厚生労働省の「禁煙支援マニュアル」から禁煙がいかに有益であるのかを項目別にまとめてあります。 禁煙を始めるのに遅すぎるということはありません。 禁煙に挑戦する方を精神的に支えてくれる知識がここで取得することができます。 禁煙チャレンジデーターの表も参考に掲示いたしました。 

電子タバコを販売促進するのは禁煙を望む方への補助的な活動です。究極の目標は電子タバコの存在も消えることでしょう。 ある時からタバコ代も電子タバコ代もゼロになることが望ましく、そのための行動をシッカリと理解できる背景になる情報を沢山含んでおります。
 電子タバコでよく禁煙に失敗するケース

禁煙を期待して電子タバコに変えたのに直ぐに失敗したというケースが多く見られます。同様に電子タバコでは禁煙は無理という意見の方もいらっしゃいます。禁煙外来に行き「ニコチンパッチ」を処方された場合にはニコチンを吸収しながらニコチン依存を改善してゆく方法をとります。 日数をかけて依存度合を低減してゆくのですが、ニコチン無しの電子タバコではこの方法を取れないため一気にニコチン欠乏症になる方も多くいらっしゃいます。 これでは高級禁煙パイポのようなものですから禁煙に失敗するのもうなずけます。 日本では薬事法でニコチン入りの電子タバコは販売出来ませんので販売を優先するためには仕方が無いのかもしれません。 また、タバコのほとんどの害は「タール」に含まれる有害物質や一酸化炭素によるものです。 喫煙者はこれを取り除くだけでも有益です。
また、「禁煙促進プログラム」でも触れていますが、禁煙をしたいという意思や願望が無ければ電子タバコを始めても目標は達成できません。特にニコチン無しの電子タバコで失敗すると失敗の原因は電子タバコでは禁煙は無理ということになりかねません。批判を承知で言えば、ニコチン無しの電子タバコでは軽度の依存症以外の方はあまり効果は期待できないのが実態でしょう。
また、成功するためには禁煙をする意思があることを確認して、ニコチン入りの電子タバコでニコチンを吸収しながら他の有害物質などを取り除き、同時に習慣を変えて慣れてゆくことが大切です。 電子タバコに慣れるのに1カ月はかかりますのでニコチンを少なくしてゆくのはそれからになります。
最後にニコチン無しのカートリッジ(もしくはリキッド)に変えて問題が無ければ完結です。 多くのかたはこの段階にくると面倒な習慣なので以外に簡単に止めれると言っています。 どなたもきっかけはあり、「電子タバコなど全くつまらない習慣だ」と思った時にもうほとんど完結しています。 多くのかたがこんなに簡単に止めれると思わなかったと言います。
繰り返しになりますが、ニコチン無しの電子タバコでスタートしてもゼロとは言いませんが期待した成果は少ないと推測されます。